大手家電量販店パソコンコーナーの探検をしてきました

*2008年4月現在の情報です。

AV対応のノートPCについて

大画面のノート型PCも軽く持ち上げて見ます。しかし、AV重視の「A4版以上の大きさのノートPCって、どうなんだろう?」って疑問が湧いてきました。こんな大きなノートPCならデスクトップ型のスリムモデルの方が断然いいと思います。

AV対応のノート型で無線LANにすれば場所を選ばずにDVDは鑑賞できるしインターネットもできるが(TVは観られるか?)そもそも携帯電話も同じことを感じますが「パソコンで何でもかんでもやるのがおかしくないか?」と思ってしまいます。

たくさん周ってみて感じたことは、AV型の大画面ノートは移動はできないことはないが、モバイルには適していない商品が店頭には多い気がしました。


価格がデスクトップに比べて安いならわかるが、大きい画面のノート型パソコンのメリットはあまりない気がします。しかし、その気持ちとは逆にこれからは、パソコンでテレビを観る人は増えると思いました。

今までは、パソコンができて「おまけ」でTVも観れるし、DVDも鑑賞できるという視点から今後はTVを買うと「おまけ」にパソコンも観れて、DVDも鑑賞できて、インターネットもできるテレビがあたり前になってくるのではないでしょうか?

例を出すとシャープの「インターネットアクオス」のような商品です。パソコンというカテゴリーがAV機器や家電と同じカテゴリーに吸収されているように感じました。

広 告


Mac Book Airを体感してみて

実際に触ってみたのであるが、(今更ながら・・・)

やはり、一番最初に感じたのは「薄い!」の一言です。正直、持ち運ぶのには、13.3インチ液晶はやや大きいのと重量はもう少し軽いほうがいいと思いました。

以前、シャープで販売していたMebius MURAMASA(メビウス ムラマサ)くらいかと想像していたので、思ったよりも大きかった!(^^

でも、今後B5版位の(12インチ)Mac Book Airがでるのを期待してしまいます。


DELLのXPSシリーズについて

DELLのコーナーに、ものすごく大きいパソコンを見つけたので思わず店員さんに「こんな大きいPCは誰が使うんですか?」って聞いてしまった。

ハイスペックマシンであることは、まちがいないのであるが「デカすぎる」と思ってしまった。すると「ゲームをする人に向いている機種なんでよ」と明るく答えてくれました。(^^

なるほど、ゲーマー向けなんだ!


量販店の展示コーナーは、

  • AVカテゴリー
  • ゲーマーカテゴリー
  • パソコンカテゴリー
  • クリエイターカテゴリー

と、初めてパソコンを買いにきた人には、昔よりもわかりづらくなっているなぁ~と痛感しました。


Eee PCを体感してみて


Eee Pc ホワイト

前評判は、軽いそして小さいしかもOSはWindows XPが動くゼロスピンドルPC!だったので、どのくらい小さいのか楽しみでした。

評判の通り「小さかった!」OSの起動も早いと宣伝していたので、起動も何回もしてみましたが、そこそこ早かったです。

軽さもさておき、一番いいところは、大きさや重量もさておき、「XPが動くという点」ですね!そして価格も5万円程度で、おつりがくるのが魅力です。


正直、サポートなどの対応やメンテナンスに少し不安はありますが、モバイルには最適だと思いました。

大きさも電子手帳では、小さすぎだが一般のモバイルPCでは、ちょっとかさばる・・・

その痒(かゆ)いところに手が届く大きさと軽さなので、これもほしい1台だと思いました(^^

当サイト内関連記事はこちら→Eee PCはノートパソコンじゃない?!

広 告


面白かった光景

「THE その説明じゃわからないよ~」っていう光景を見てしまった。15年以上前(もっとか!?)のパソコンショップでよく見かけた・・・

一般の人に専門用語をバリバリ使って説明をするので、聞いている方は「???」な状態。医師が患者さんに向かって、専門用語で症状を説明しているのと同じで「???」なんですね(^^

そんな光景とはDELLの販売員が、若い女性客2人に向かって「この機種のCPUはインテル製の・・・メモリは1GBで・・・」って


案の定その人達は「?????」という顔をしていた。(うぉー まだこんな説明をしているんだ~)と見ていて笑ってしまった。なんか、なつかしい光景を久々に見てしまいました。

実際そのような部品の説明はどうでもよくって一般の人は「見た目」とか「ブランド名」だとかで、まずは見ると思う。

そして、「何が他のメーカーと違うのだとろう」・「このパソコンは、何ができるの?」・「自分が求めていることはできるの?」と思うのではないでしょか(^^

なので、販売する人には申し訳ないが、スペックの細かい説明は必要ない・・・かもしれないですね(・・


僕のパソコンコーナーを一周りする時の癖

一つのパソコンを細かくチェックしていくと、全部見ることができなくなるので、1台にあまり時間はかけられません。とにかく最初は足を止めないでパソコンコーナーを一周します。

デスクトップPCは基本的に最初は大きさをチェックする程度ですが、デザインがいいPCや面白そうなPCには思わず触ってしまいます。

次に目当てのパソコンなどを見つけたら、パソコンの電源を一旦切ってみて再起動をしてみます。展示されているPCは、すんなり動くはずですが、そうではなく再起動が遅い!と感じた場合、その機種は要チェックです。


この再起動やシャットダウンを2~3回テストして、起動時間などを体感してみます。*AV機能重視のTV機能付きパソコンなどを購入する目的の人は実際のテレビの写り具合などチェックして見てください。

ノート型のパソコンのチェックも再起動テストはやるのですが、その前にやることは実際に手で持ってみることです。モバイルタイプなら絶対にやりますし、大画面タイプのノートPCも持ってみます。

そして、メモリの増設容量をチェックします。最大でどのくらいの増量可能かも見ておきます。又、Wordやメモ帳などで、文字を実際に打ち込んでキーボードの打ち込みを体感してみます。

このように僕は、パソコンコーナーを周っています。


実際に購入する時は、お目当てのPCと他1台くらいに時間をかけますが、今回のようなざっと見て回るのが目的の場合は、この程度のチェックです。

面白いことにパソコンコーナーを何周していると、不思議と同じPCの前で触ってみたり、立ち止まってしまいます。そんなパソコンがほしいPCになっていくのだと思います。


ポイントは・・・

  • デスクトップPCもノートPCも電源の再起動テストをしてみる。
  • ノートPCは実際に持ってみて、キーボード打ち込みしてみます。
  • ノートPCはメモリの最大増設容量をチェックする。


ノート型PCは記事にもあるようにMac Book AirEee PCでしたが、今回、気になったデスクトップPCは・・・

'ソニーVAIOシリーズのtype L''(プラスチックパネルを採用したボード型のPC)でした。単純にカッコイイと思ってしまいました。

このスタイルやデザインで購入してしまうのも分かる気がします。特にこういう展示場所では、輝いて見えますよね(スキー場といっしょ?)


広 告




コメント


認証コード0875

コメントは管理者の承認後に表示されます。