Windows Updateについて思ったこと


Windows Updateの際に注意していること

Windows Updateについて今更ながらに思ったことを書いてみます。

というのも、過去の自分のblogを眺めていたら、2008年8月の猛暑時にWindows Updateをしてパソコンが起動しなくなった苦い経験から、「Windows Updateで、こんなことも起きるのか!」と注意しようと思っていただければ幸いです。

今回、伝えたいことは、Windows Updateでservice pack(サービスパック)の通知がきたら少し注意が必要になるかも?ということです。

広 告


まずは、当時のblog ↓ をご覧ください。言葉遣いも、そのまま記載したので、少々幼稚な表現もございますが・・・

トラブル発生時
XP SP3のインストール注意!
自動更新のお知らせでXP SP3が表示されていたので3回目まで無視していたのであるが4回目くらいに時間があったのでやったら・・・

OSが壊れた!
最悪だ! Microsoft! 時間を返せ!

復旧作業時①
現在、OS復旧作業中・・・  
クリーンインストールをして、現在環境を整備中・・・。

仕事は止まるし、イライラするしドキドキするし「出荷時の状態」に戻すと決めてからは、「千里の道も一歩から」の気持ちになり、とにかく復旧作業に集中しております。

こうして、Blogの更新ができているのは、少し作業が落ち着いたからです。ふ~ Microsoftめ!うらめ~し~や~。

っていうか、ちゃんとしたものつくってから配布しろよな!
さすがに、言葉乱暴になるわいな(・◇・)

復旧作業時②
OS復旧作業3日目・・・  
OSクラッシュから復旧作業を開始して、3日目である。

まだ、細かいアプリケーションソフトなどの設定が残っているが、大体全体の90%は終了した。

今回は前回の教訓の「記録を残す」ということをしていたので、その資料を見ながら進行していった。

資料はというと、前回復旧作業工程をwebサイトに記事を書いていたので、その記事をプリントアウトしていたものである。

今回もバックアップの重要性を感じたので久しぶりのPC関連本で、「ハードディスク」に関する本を買ってしまった。

このマシンは、2004年に購入したので来年で5年目を迎える。
HDDの寿命が約5年なので破壊される前に「傾向と対策」を考えておこう!

復旧終了後
XP SP3で、踏んだり、蹴ったり!  
XP SP3で踏んだり・・・蹴ったり・・・ラジバンダリー!と冗談も言えるくらいになったのであるが落ち着くまで3日を使い。

細かい設定やトラブルは、多々でてきた。
アップデートをしなければ、こんな時間を無駄にすることはなかった。

Windows XP Service Pack3の情報を少し集めてみたら、でるわでるわ、トラブルの数・・・。

サービスパックではなく、すみませんパックだろ!という記事もあり「うまいこと言うもんだ。」

少し面白かったがWindows XP Service Pack3のアップデートは、オススメできない!
皆さん!ほんとにご注意を!


・・・と(汗) 言いたいこと言ってましたが、とにかく油汗が出たので、感情的になっていました。


システムのプロパティ画像_2


もし、インターネットを頻繁にやる方で、まだService Pack3でないXPユーザーであれば、Service Pack3は、いずれはインストールしたほうがいいです。



システムのプロパティ画像_1


「マイコンピューター」を右クリック→「プロパティ」をクリックすれば「システムのプロパティ」を表示することができます。


確かこの時、復旧作業が終了してある程度、冷静になったときにService Pack3のトラブルを収集してみたら、同じようなトラブルがあったことを思い出しました。Windows Updateをする前にそういう情報を先にわかっていれば、もう少し対処のやり方があったかも知れませんが、自分のマイクロソフトへの不信感は前にも増して深くなってしまいました。

この教訓から現在、気をつけていることは・・・

自動インストールをやめてWindows Updateの通知がきたら、その内容をよく確認してからインストールするようになったことです。


自動更新設定画面


自動更新の通知設定は「更新を通知するのみで、自動的なダウンロードまたはインストールを実行しない」にしています。


  • この自動更新の場所は、コントロールパネルの中にあります。(Vistaでも同じだと思います。)
    • 【スタート】-【コントロールパネル】-【自動更新】


以前は、一番上の「自動(推奨)」やその下の「更新を自動的にダウンロードするが、インストールは手動で実行する」を選択していたのですが頻繁にパソコンを使用している自分には、どうにも使い勝手が悪くなってきたので、自分のタイミングでダウンロードやインストールができる現在の設定に落ち着きました。


更新通知のお知らせ


矢印下表示_Black


更新通知のアイコン


矢印下表示_Black


更新プログラムインストール中




たぶん、Service Pack3の一件がなければ、そのときにパソコンを使用中でもバックグランドでダウンロードやインストールを行ってくれれば安心ですが、一回ひどい目にあってしまったので怖くて自動でまかせておけなくなりました。


少し脱線しますが、そのときの経緯を少しお話します。

その時もいつも通りパソコンで作業をしていたらWindows Updateの通知をタスクバーに発見したので、通知を促すアイコンをクリックしたところService Pack3の表示がされていました。

Service Packの更新かぁ~時間かかりそうだな~」とその時は、通知を無視して作業をしてスルーしました。そして、その後も何度か通知がきたのでタイミングを見て「Service Pack3」の更新を始めたのです。


ここからが、トラブルの始まりでした。

ショックなイメージ画像


昔から「Service Packのダウンロードとインストールは、少々時間がかることがわかっていた」ので、このときも1時間くらいは予定していたのですが、それどころではなくなりました。

ダウンロードまでは割とスムーズにいき、そしてインストールを開始して20分後インストールが80%程終了したあたりで、まさかの「インストール失敗の表示」が出た。


青ざめる瞬間です。

画像の説明ショックな顔


この時、既に午前2時をまわっていたので、3時ごろまで粘って「復元ポイント」や「前回、正常起動時の構成」「システムチェック」「セーフモード」やらを試したが、あえなく撃沈。明日クリーンインストールをしようと腹を決め、このときは眠ってしまったのでした。

正午くらいに起きて、クリーンインストールを始めて、夕方くらいには最低限の環境には復旧しましたが、トラブル前のパソコン環境に戻るには、結局あと2日かかりました。

クリーンインストールをして、工場出荷時の状態に戻るとスッキリはするのでですが、数ヶ月かかって構築されたパソコン環境をまた、最初から構築していく時間はとてもブルーです。本当なら無くてもいい時間だったので、本当に「う~ん いけずぅ~」という感じでした。




それで、「Windows Updateはしなくてはいけないの?」と疑問が残りますがスタンドアロン*1なパソコンなら極論をいってしまうと、「しなくてもいいんじゃない」といえますが、ネットワークに接続するパソコンはWindows Updateは必要であります。

Windows Updateの多くは「セキュリティ更新プログラム」ですが、「Service Pack」のような更新プログラムがある場合は、あわてずにすべてのデータのバックアップをとってからでも遅くはないので、慎重にダウンロードとインストールをしたほうがいいですね!

Vistaでも(今後のOSのWindows7でも)同じですので自己責任といってしまえば、それっきりですが、マイクロソフトにはService Pack専用の無料サポート電話を設置して対応するなりしてほしいと願ってやまないです。




最後に更新プログラムをインストールする前に念のため「システムの復元」で「復元ポイントの作成」を作成しておくことをオススメします。


復元ポイントの作成画面


広 告


後記

それでもWindows Updateは、大切です。

後日、NECからのお知らせメールで下記のようなウイルスに関する情報を受信しました。


インターネットにつないだだけで感染するウイルスに注意!

「ダウンアド」というウイルスの感染被害が広がっています。
パソコンにセキュリテイホールがある場合、インターネットやネットワークにつないだだけでウイルスに感染するおそれがあります。
ウイルスの対策方法を再度確認しておきましょう。


よくあるウイルス情報ですが、この「ダウンアド」のようなウイルス対策としては・・・


  • Windows Updateを実行して、セキュリティの脆弱性(セキュリティーホール)の修正プログラムをインストールしておく。
  • セキュリティソフトを最新の状態にしておく。

ことが必要です。


Windows Updateの設定に関しては、Windowsの初期設定で自動になっているので安心ですが、例えば更新通知が目障りで手動にした場合などのパソコンは、Windows Updateを実行してセキュリティ関連の修正プログラムをインストールしておいたほうがいいでしょう。

Service Pack関連は、OSのUpdateプログラムまとめてパックみたいなものですが、個々の修正プログラムでのトラブルはないと思いますので、気になる場合はWindows Updateを実行してみては、いかがでしょうか。(自分も今まで個々の修正プログラムでのトラブルは経験しておりませんので、マイクロソフトを信じます)

今回の「ダウンアド」は、ネットワークウイルスなのだそうで、主にセキュリティーホールを突いてくるウイルスです。もし、仮に普段インターネットに接続していないパソコンでも、USBメモリを外出先で使用して帰宅後、自分のパソコンに接続したら感染する可能性もあるので、スタンドアロン型パソコンでも100%安全ではないといういことがわかります。

人間世界のウイルスと同じで、コンピューターの世界でもウイルスは、なくならないのでイタチごっこが永遠に続くかと思いますが、基本的に自分のパソコンや情報を守るのは自分自身ですので、一度ご自分のパソコンのセキュリティ面をチェックされると良いかもしれませんね。 [wink]

ちなみにNECの「ダウンアド」に関しての詳しい情報は、こちらです。


広 告




コメント


認証コード7912

コメントは管理者の承認後に表示されます。