POMERA(ポメラ)DM5購入レポート

キングジムのPOMERA(ポメラ)DM5を買った!!

キングジム製のテキスト入力専用端末「ポメラ」を知ったのは、インターネットのある記事でした。

それは、相当前になるのですが、お笑いコンビの「ロザン」が本の出版にあたっての取材シーンでインタービュー記者が使用していたのが「ポメラ」だったのです。

そのときの記事は、こちら



どうやらパソコンではないらしい!?ので、キングジムのwebサイトをチェックしたのを覚えています。当時はシリーズ初のDM10という機種しかなかったのですが、キーボードのギミック(仕掛け)には「お~!!」と思いました。

pomera(ポメラ)_DM5_1

価格は27,300円(税込)で、「テキスト入力だけで、3万近いのか・・・。魅力的な商品で、ほしいけど高いのでムリ!!」と自分に言い聞かせました。

それと当時、ポメラ(文具メーカーが発売したパソコンみたいな商品)を展示してあるお店が自宅近くになかった為に実際にさわる事ができなかったのも購買意欲が高まらなかった要因の一つでした。

しかし、たまたま自宅から車で15分くらいの大型のホームセンターに違う目的で行ったときに偶然、文具コーナーにPOMERA(ポメラ) が展示してあったのです。展示してあったのは、DM10、DM20、DM5の3台があり、ラッキーなことにそれぞれを実際に操作することができたのです。(でも、電池切れでしたが・・・)

その時は、キーボードのギミックと重量などを確認して、3種類の中で一番軽くて価格が安いDM5に魅力を感じました。それから「これ(ポメラ)本当に必要かなぁ~」と数週間購入しようかどうしようか、自分の中で格闘があったのですが、約2週間考えた結果、「よし!ポメラ買っちゃおう!」と購入することにしたのでした。(決定する前にもう一度展示品を見に行きました)


最後まで迷ったDM10 or DM5

結局DM5を買ったのですが、最後までDM10にしようか、それともDM5にするか迷いました。DM20に関してはポメラを購入する際の基準として「本体が軽い」「駆動時間が長い」「価格が2万円以内なら・・・」と思っていたので、それに実際にDM20は持ってみて重かったし、価格も高かったので選択肢から外しました。

DM10とDM5での価格の違いは、メーカー希望小売価格だと6,500円ほどの差がありDM10のほうが、高かったけれども、「価格.com」などで調べたら自分の予算内でどちらを選んでも手が届く価格だったので、最後までどちらにしようか迷いました。


DM5のほうにした決定的なこととしては・・・
1.本体が軽いこと
2.バッテリーの持ちがDM10に比べて若干長いこと
3.キーボードを開いたときの安定感
でした。


使ってみて思ったこと・・・

まず、「テキスト入力だけに集中できる」点は、すごく良いと実感しています。パソコンがないとアウトプットができないので「パソコンありきのポメラ」ですが、本来「今日は文章を書こう!!」と決めていたのにもかかわらずパソコンだと「メールチェック」などをしてしまったり「ニュースやその他、気になる記事」を見てしまったりと知らず知らずのうちに違う方向に時間を費やしてしまったりするのが、よくありました。

pomera(ポメラ)_DM5_2

しかし、最近ではパソコンでしかできないことが終わると思い切ってパソコンの電源を切ることにしました。そうすると一気にアナログ状態になります。紙で色々メモをしだして「今はパソコンは使わない!!清書したいものはポメラに打ち込んでおこう!!」という活用方法にすることで、本来必要な用件に集中できるようになりました。

ポメラを使っていると、その昔パソコンが普及する前にワードプロセッサーとして富士通製のOASYSという機種を使っていた感覚に近く、当たり前ですがパソコンを消しているので印刷もできないし、インターネットという外部へのアクセスもできません。


ポメラで目的の文章を書き終えたら、パソコンを起動してUSBに繋ぎ、データをバックアップして、パソコンでしかできない目的の場所に文章をコピペします。これは例えば「メールの文章」だったり「blogやwebサイトへアップする記事」などだったりします。

ちょとしたことですがこれは便利!!だと思う点は、データリンクには専用ソフトを使う必要がなく、USBケーブルでPC本体とポメラを接続すればUSBメモリや外付けHDDのような感覚でデータフォルダが開くので、ものすごく簡単です。

また、本体に挿入してあるMicroSDを取り出してカードリーダーに差し込みデータをパソコンにバックアップする方法もありますが、この方法だとMicroSDが小さすぎて、ちょっと面倒でした。 [sad]

こんな感じでパソコンとポメラを活用していますが、まだまだポメラ効果に期待しています。

広 告


POMERA(ポメラ)の長所と短所

ポメラの長所

  • とにかく小さくてコンパクト
  • 電源ボタンを押せばすぐ起動も終了もする又、キーボードをたたんでも電源OFFになる。(これは便利です!! [smile]
  • 駆動時間が20時間以上なので、電源切れのことを考えなくてもよい。
  • 電源はパソコンのようなバッテリーではなく単四のアルカリ乾電池2本で動くので、パソコンのバッテリーよりも断然お得。また、エネループを買えば更に経済的にも助かる。
  • パソコンに比べてできることが、「テキスト入力のみ」なので、その作業に集中できる。
  • データリンクは、専用ソフトをパソコンにインストールせずに外付けのUSBハードディスクのような感覚でできる為、パソコンのハードディスク容量を使わずにすむ。
  • キーボードは思った以上に打ちやすい。


ポメラの短所

  • バックライトがないので、暗いところでは画面が見えない。
  • 保存用媒体のmicroSDは小さすぎて扱いにくい。(挿入時は特に・・・)
  • パソコンに比べて、思い通りに漢字変換ができない文字がある。


POMERA(ポメラ)DM5の長所と短所

DM5の長所

  • 軽い
  • 机上でのキーボードの安定感がいいので打ちやすい。
  • 起動の速さはシリーズ共通だが、DM5は、キーボードの開閉がスムーズである。
  • キーボードの触り心地が良い


DM5の短所

  • 膝の上での使用はキーボードが折れてしまうので、下に台座がないとタイピングがでいない。
  • 画面が小さい
  • キーボードのボタン一つ一つが薄いので、よく使う箇所は外れてしまうかも?と少し心配。(感想に近いですね [worried]
    • 実際に展示品を見に行ったときに展示品のキーボードのボタンがひとつ外れていた。
  • 文字数制限が8000文字である。
  • カーソルの線が細い為、編集画面でカーソルの位置を見失いやすい。

広 告


全角8,000文字という制限について

使用しているDM5は「1つのファイルに全角8,000文字しか入力ができない。」のですが、購入する前は「全角8,000文字」といってもイメージができなくて、ちょっと長い文章を書くとおしまいかな?という程度でしたが、ライターさんや作家さんなどの文章を専門にされている方なら不足するかもしれませんが、そうでない自分にとって「全角8,000文字」は結構な文字数なので、結果的に全く気にすることはありませんでした。

記事を書いているときに「今、文字数はどれくらいだろ?」と思ったら「F7」キーを押せば、「文字情報表示」が表示されて、文字数がわかりますし、たとえ書いているファイルが全角8,000文字を越えたとしても、MicroSDを挿入しておけば、「記事1」「記事2」等といくらでも追加できます。

MicroSDも2GBあるし、仮にMicroSDがいっぱいになったとしても、パソコンにデータを移してしまえば全く容量を気にする必要はありません。


  • 文字制限についての結論
    例えばテキストデータだけでMicroSD容量の2GBを埋めるには相当な文字を打たなければならないですし、毎日8時間文字だけを打ったとして、何年かかるか?予想もできません。 [smile]・・・なので、「全角8,000文字の制限だからDM20のほうにしようかな?」という心配は文章専門職以外の人は心配ご無用です。


バッテリーについて

ポメラの特徴の1つとして、起動時間の長さがあげられます。バックライトがない分バッテリーのもちが良いのですが、これはやはり助かります。自分はeneloop(エネループ)を使用していますがポメラを持ち歩くときは予備にもう1セット(2本)をカバンの中に待機させているので無敵です。

ノートパソコンはバッテリーが新しい時は気にしなくてもいいですが、使用年数が経過するにつれて、バッテリーだけでパソコンを起動できる時間も短くなり、ACアダプターを持ち歩くことになります。そしていつかは駆動時間の短さでノートパソコンの使い勝手が不便になるので、また新たにバッテリーを購入しなくてなりません。(ノートパソコンのバッテリーは、あくまで主観ですが値段も結構高いです。・・・ [worried]

そう考えるとポメラのバッテリーにかかるコストは、とてもお得です。もちろんACアダプターはありませんので、ポメラ本体と予備の電池2本を持ち歩けばいいだけです。

電池残量を気にしなくていいのは、やはり良いですね。 [bigsmile]


広 告




コメント


認証コード5206

コメントは管理者の承認後に表示されます。