トップ > WindowsとMac

2017-03-07 (火) 21:43:09

WindowsとMac

Windows(ウィンドウズ)はマイクロソフト社のOS(オーエス*1

Macintosh(マッキントッシュ→通称:マック)はアップルコンピューター社のOSとパソコン本体。

大雑把に言うとマイクロソフトは、Windowsというソフトを世界に売って大きくなった企業で、アップルコンピューターは、パソコンとOSをセットで売って大きくなった企業です。

広 告


現在、一般市場で売られているパソコンの多くは、主にこの2種類です。

窓のロゴがWindowsで、リンゴのロゴがMacです。

大型家電量販店などのパソコンコーナーに行くとNEC・富士通・SONY(VAIO)・DELL・日本HPレノボ等のパソコンが並んで販売されていますね。

これ、ほとんどがWindowsです。


Macを取り扱っている家電量販店は多分、少ないのですが、僕の住んでいる地域ですとビックカメラにAppleブースが配置されていて、そこにいくとMacを触ることができます。

あとは直営店のAppleのお店に行くしかないのですが、住まいの近くにないので不便と言えば不便です。

つまり、NEC社が販売しているパソコンでWindows OSはあっても、NEC社が販売しているパソコンでMac OSは存在しないのです。


ちなみに世界市場の8割~9割がWindowsで、残りの1割~2割りがMacといわれています。

この「パソコン選びの味方」内でも、Apple Store以外のメーカーは、Windowsのパソコンです。

実はパソコン初心者には本来、直感的に操作できるMacのほうが良いのかもしれないですが、市場に出ている「OS」はWindowsが多いので、どうしてもWindows機を買う機会が多いと思います。

日進月歩でWindowsとの互換性もよくなってきているので、*2Macを買ってもWindowsとのやり取りが今よりも簡単にできる日がくればいいですね。

広 告


関連記事