早くもまた、Windows Updateがきたけれど・・・


昨日(8月28日)に「新しい更新プログラムを利用できます。」とタスクバーにお知らせがポップアップされたけれど、前回2018年8月18日「Windows7(32bit)が勝手に再起動した」の教訓もあり即日にWindows Updateを実行することはせずに2~3日様子を見ることにした。

Windows9(仮)のウワサもチラホラ流れてきているけれど、もし仮にGoogleが本気を出してOSを開発し、尚且つ無料で配布したらどうするマイクロソフトの諸君。

Apple社は、OS X Mountain Lion(オーエス テン マウンテン ライオン)の次のOSである、OS X Mavericks(オーエス テン マーベリックス)から無償でのOS配布を開始したし、さらに今年の6月にはOS X Yosemite(オーエス テン ヨセミテ)も同じように無料アップグレードできるように配布すると発表した。*1

ちなみにMacOSは、ダウングレードが可能なところもいい。


現在のOS X MavericksからOS X Yosemiteにアップグレードした後に、アプリケーションや周辺機器との互換性でトラブルがあった場合は、OS X Mavericksに戻すことができる。

OSも、そういう時代になってきたと思うんだけれどなぁ~


更新日:2019年10月06日

広 告


コメント


認証コード2650

コメントは管理者の承認後に表示されます。