復旧作業開始!


クリーンインストール

このパソコンでのクリーンインストールは初めてなので、どのくらい時間がかかるか判らなかったが、説明書(サイトからの印刷物)には最大で3時間と書いてあった。

本機は「IBM think centre S50」。OSのCD-ROMはなく。HDD内にOSも含み再セットアップに必要なプログラムは格納してある模様。準備段階としては、BIOS(バイオス)の設定を、まず初期化することから始める。

どこのメーカーのパソコンも同じだと思うが、忘れてしまうと後でパソコンが起動しないなどの現象が起きるので「BIOSの設定の初期化」は、鉄則みたいなもの。IBM製品は(あえてIBMと記述)パソコンの電源を入れたあとに〔F1〕でBIOS画面=IBM setup utilityが起動する(お客さんのノート型のthinkpadもそうだった)そこから手順書の通りBIOSをデフォルトに戻す。

次にパソコンに接続されている周辺機器を取り外す。増設メモリがある場合はメモリも取り外すが、本機は残念ながら増設メモリはないのでデフォルトのまま作業を進行する。

広 告


そして、いよいよ再セットアップの開始!

〔F11〕キーを押しながら電源を入れるとビープ音が出るので、このタイミングで〔F11〕キーを放すと

再セットアップメニュー=IBM Rescue and Recovery with Rapid Restore

が表示される。

この画面でレスキューおよび復元内にある出荷時コンテンツの復元というメニューから復元を開始する。さあ~途中でコケないでくれ!と祈りながら次へ進んでいくと再構成を始めた。変な話であるが昔から僕は再セットアップなどが開始してから席を立って、また戻ってみると再セットアップの不具合が起きていることが何回もあるので、今回は画面に釘付け状態で見守った。(持ち主が少しでも安心するとパソコンもやる気をなくすのか?)

どうやら最初の関門は突破したようで10分程度で終了した(ふ~思ったより早いじゃん) そして再起動後にシステムファイルの書き込みが始まった(ここからが結構、時間かかったけど30分くらいだったかな)

ドキドキしながら画面をみていた!ここでコケたらHDD損傷の可能性が高くなるので、一番緊張するところだった。再起動を見守ること数秒(この数秒が数分にも感じた)OSが・・・・・起動した!やったーとガッツポーズをしてWindowsXPのロゴが見えて本当にホッとした。これでひとまずHDDは大丈夫だったので次の作業に取りかかった。


OSが起動した後にやることは、Windows Update

〔高速〕を最初にやり、続いて〔カスタム〕を実施。とにかく、検索で更新プログラムが出なくなるまで、すべての更新プログラムをインストールする。このときは〔高速〕で1件、〔カスタム〕では優先するもの1件、追加ソフト12件、追加ハードウェア3件あったので、すべてをインストールした。

次に今回の原因のひとつかもしれないウィルスセキュリティソフトのインストール。商品名は「ウィルスセキュリティZERO」である。発売当初は、セキュリティの更新プログラムがWindowsVistaの公式サポート終了まで使用できる画期的なソースネクスト社のサービスに感激したものだったが、安かろう悪かろうになってしまったかもしれないと・・・・非常に残念。

その前は他社(ノートンやらウィルスバスターお試し版)を使用していたが、やはりそれぞれ更新プログラムは1年で有料になってしまうので、どうも納得がいかず、どうしようかと思っていた矢先の「ウィルスセキュリティZERO」の発売だったので迷わず買ったのに、こんな事になるとは思わなかった。


エラーの原因も現在調査中なので、不安はあるけれども今は「ウィルスセキュリティZERO」を使うしかないのでインストールをした。ソースネクストさんお願いだから早く安定したソフトを作ってください。OSが、ぶっ壊れるのは致命的な欠陥商品です。(あくまで個人的な感想)

ちなみにソースネクスト社のサポート電話窓口は、非常につながりにくいし対応もそっけないので、昔のPCサポート窓口を思い出す。話を戻すとWIndowsOSの時と同じようにウィルスソフトである「ウィルスセキュリティZERO」をインストールしてからも、ウィルス更新プログラムのupdateは忘れずに実行しておく。

やっと、その他のアプリケーションのインストールと環境設定に取りかかる事ができると思った矢先。またまたトラブル発生。


広 告


更新日:2018年11月11日