ADSL速度変更プランその後2!


インターネット回線接続中に電話をかけるとインターネット回線が切断された。

この現象は、8Mプランを利用していた時と同じで、インターネット接続中、電話がかかってきたり電話をかけたりするとインターネット回線が切断されるという現象である。

今回、そのほかに外部からかかってきた電話のナンバーディスプレイの表示が受信エラーと表示されたので「もしかしてADSL回線プランを変更したからか?」と思い、調べ始めた。

広 告


ADSLモデムの接続設定は簡単であったが、こういう不測の事態は、突然起こるものである。

今までは電話回線とインターネット回線の利用には差し支えなかったけれど、ADSL回線のプラン変更をしたので「電話をかけたり、かかってきたりする時の回線切断も解消されるかもしれない」と、ひそかに期待をしていたが、その期待は見事に裏切られた。

ナンバーディスプレイの受信エラー表示は、電話の受信はできるが、かかってきた電話番号の表示がされないという意味だった。


ナンバーディスプレイ受信エラーの原因がわかった

以前のADSLモデムは、スプリッタが外付けであったが、ADSL回線のプランを変更した後のADSLモデムは、スプリッタ内蔵型になった。それにもかかわらず、変更前の環境のまま設定をしていたことが原因だった。

つまり、スプリッタとADSLモデム内の設定が間違っていたのだ。

具体的な設定方法は、本体背面にある外部スプリッタの「有効/無効のボタン」を無効にして、パソコンからアクセスして行うモデム設定の「基本情報設定のナンバーディスプレイとキャッチホンの項目を利用する」という設定に変更をしたら、このナンバーディスプレイの受信エラー表示は解決した。


もう1つの問題「電話を使用するとインターネット回線が切断される」

続いて「電話を使用中にインターネット回線が切断される」という現象だが「ADSLモデムの設定で解決するのではないか?」と思っていたので、プロバイダ(so-net)に聞いてみた。

その際、まず現在の回線状況の説明をすることから話を進めた。我が家のインターネット回線環境は、通常と少し違うかもしれない。電話の回線ジャックがある場所から、パソコンがある部屋まで少し離れている。普通なら、電話の回線ジャックの隣にADSLモデムを置いて、電話コードは短いものを接続し、そこからLANケーブルとパソコンを接続するのだと思う。

しかし、この方法だと床にLANケーブルがある状態になるので、狭い我が家では、とても邪魔になる。なので、LANケーブルより軽い、電話コードの長いタイプを買って来て、それを壁に吊るすような方法でパソコンがある部屋まで電話コードを引いている。そうなると電話回線のジャック差込口の隣にはADSLモデムは設置できない為にパソコンの近くにADSLモデムを設置せざるを得なくなった。

我が家の間取り事情のせいもあって、電話コードが長いためにノイズが入りインターネット回線が切断されるのかと思っていたが、最終的にわかったことは、そうではなかった。so-netのサポートスタッフとの電話中に我が家のインターネット接続に関する環境説明をした後、ADSLモデムの設定を初期化したり、ランプ点滅状況を確認してもらったが、内部環境ではなく外部環境の問題であるという事が判明した。

つまり、ADSL回線が自宅に来るまでの配線の途中で、なんらかのノイズが入り、回線が切断されたのだ。


究極の選択「速度を優先するか、安定を優先するか」

通常、NTTの回線基地からのADSL回線推奨距離が2.5kmに対して、我が家までの距離は2.6kmだった。8Mの時と同じように、回線速度重視ではなく、安定性重視の設定をso-netに頼み、設定をしてもらった。そしてso-net側からのインターネット回線接続テストの結果、電話の通話をしてもインターネット回線の切断は起きなかった。

それなら、このまま安定性重視の設定で良いかと思ったのだが、今度はダウンロード速度が極端に低下した。so-netのサポートスタッフとのやり取りをしていた時間帯での回線速度は4Mくらい出ていたが、安定性重視の設定にした後のダウンロード速度は400KBくらいの速度になってしまった。これではインターネットを利用する環境としては回線速度が遅すぎて話にならない。


ここで2つに1つの選択を求められた。それは速度重視か?安定性重視か?

悩んだ結果、速度を優先させることにした。

電話の通話によるインターネット回線の切断は、電話が終われば、また接続できるし「ADSLは弱電波なのでしょうがないか・・・」と妥協をした。

「NTTの基地が近くになることは、あるのですか?」とso-netのサポートスタッフについでに聞いてみたが「NTTさんの問題なので・・・」と言われてしまった。

そう言われてみればそうか・・・

民営化したといってもNTTは、まだまだ国営気質なのだろうな。


広 告


更新日:2018年11月26日