予算がない場合は新品ではなく「中古パソコン」もあります


新しいパソコンってワクワクしますよね

パソコンを会社で買ってくれる場合は、金額など気にしないと思いますが、個人で購入するとなると10万円や20万円というお金は、なかなかポン!とは出ないですよね。(出せる方は、うらやましい)


しかし、どうしてもパソコンが必要になった時などは困りますね。


少し強引かもしれませんが、例えば・・・

  • 息子さんや娘さんなどにパソコンを買うことになった。
  • パソコンが急に壊れて修理に8万位かかるが、新しいパソコンを買うお金は出せそうにない。
  • 起業したので数台のパソコンが必要になったが、なるべく経費は抑えたい。

など・・・


そこで、あくまで選択肢の1つですが、パソコン選びには、新品だけでなく「中古パソコン」という選択肢もあります

必要最低限のスペックならば2万円~3万円でも購入が可能な中古パソコンもありますので新品に、こだわらなければ、ものすごく選択肢が広がります。

パソコンショップや家電量販店に行って新品パソコンの値札を見ると、だいたい10万円〜20万円位はすると思います。

極端な計算ですが、20万円あれば・・・

2万円の中古パソコンなら10台。


3万円の中古パソコンなら5~6台購入できてしまいます。


でも「中古パソコンは安いけれどOSが、壊れたらどうするの?」とか「安く買ったはいいが、使い捨てになるのでは?」と保証面が心配ですよね。

しかし、最近は中古パソコン販売でも、消費者の心配ごとをカバー(永久保証)してくれるショップも存在します。

又、値段は2~3万円ではないけれども、Sofmapなどパソコンショップのアウトレット商品もお得です。


注意点としては中古ノートパソコンのバッテリーは、ほとんど使えなくなっていると思っておいたほうがいいということです。

こればかりは、消耗品なので中古ノートパソコン購入後にバッテリーの状態を確認をしてみて、バッテリー残量が少なければ、ご自身で購入した中古ノートパソコンのメーカーから新品のバッテリーを買うことになります。

あくまで中古品なので、長年使用することが出来るとは言い難いですが、中古品と割り切って使ってみるのも面白いかと思います。


パソコン選びの選択肢の1つとして「中古パソコン」は、どうですか?



関連ページ


更新日:2019年4月30日

コメント


認証コード8011

コメントは管理者の承認後に表示されます。