Win9X系の宿命


Winodows95・98・98SE・MEがいわゆる9X系と呼ばれているOSです。

OSの構造上システムリソースの問題で、パソコン使用中にフリーズすることがよく起きたOSだ。

広 告



このリソース不足の問題で、

  • パソコンの動きが悪い
  • ソフトが使えなくなった
  • パソコンの電源を入れてしばらくすると、動かなくなる
    といった現象でサポート訪問する訳であるが、とにかくこのリソースの数値を上げていくことかメモリの増設しかできないのがこの9X系の欠点だと思う。

当時は店頭での購入が主流だったために、ほとんどのマシンにはおまけソフトがもれなくついてきてました。(今もそうだが・・・)だからヒアリング中に、このおまけソフトの必要性を聞くと、使ってないソフトの多いこと。

なのでまずは、使ってないソフトはコントロールパネル-アプリケーションの追加と削除でアンインストールする。

次に画面右下のタスクバーの中の常駐ソフトをチェックして、これも不要なものはスタートアップの項目から外しておく。(チェックを外してはいけないものがあるので注意は必要)

この辺は、王道なので必ず通る道です。
ヒアリングしながら、「これ削除してもいいですか?」と聞きながら消していくのでとにかく時間がかかる。それに9X系は再起動を求められるので、不安定なOSだとこれだけでもすぐ1時間経ってしまう。


ここまでやって削除前と削除後のリソースの数値をチェックするのだけれど、あまり変化がない場合もある。もちろん、このあとその他のいらないファイルや、その他の掃除をする。
デフラグはというと現場では時間の制限もあるので、できないことが多い。
なので自分が帰ったあとに実行してもらっている。(パソコンが不安定な状態でデフラグをすると何時間かかるかわからないからです!)

とにかくリソースの数値を80%位まであげたいのが理想であるが、これがなかなかあがってくれない。使用している間にどうしても必要なアプリケーションが増えているし、削除できないものもある。

ここまでやって安定しない場合は、買い替えの時期なのだが、自分が訪問した時はとにかくパソコンを使える状態までしないと使命が果たせないので、あとどの位具合の悪いパソコンを使用するかを把握して、その延命に励むのです。

そうするともっと不要なソフトがピックアップされてくるのです。


現時点でパソコンでやる最低限なものは?と絞れば
例えば、インターネット、メール、ワープロソフト、PDFファイルの閲覧、年賀状ソフトなどなど。そうなるとあとのものはできるだけ削除する。

クリーンインストールの方が早いんじゃないかという突っ込みがありそうですが、訪問している時間では足りないので、リソースの数値を上げることに専念するのが先決になってしまう。数値が上がればパソコンも安定化されて、その時は使用できるようになるが、大体その時点から6ヶ月するとまたフリーズが発生するので、その半年の間に買い替えをしたほうがいいかもしれませんね。(マイクロソフトのサポートも終了しているし・・・・)

単純にいらないソフトやファイルを削除するだけでもこのリソースの数値はあがるので日々のメンテナンスが必要なOSだなとつくづく思う。
使用中にフリーズして、Ctlt+Alt+Deleteを押す。この動作がとにかく多いOSだった。
マイクロソフトもよくこんなものを世に送りだしたものだと今も思うが、当初は大人気だったなぁ~。しかし、NT系の販売もできたはずだと思うのは自分だけかなぁ。


広 告




コメント


認証コード7153

コメントは管理者の承認後に表示されます。