転送予約設定を使ってみた!


ホームページビルダーの転送予約設定を使ってみた

やっと、ここまで辿り着いた。

まあ、手動設定でも良かったけれど、せっかくホームページビルダーに転送予約機能があるのだからチャレンジしてみようとホームページビルダーのユーザーズガイドを見たが・・・

詳しく記載されていないというか、最後のページの用語集に「転送予約プログラム」のほかに「サイトまたはページの自動転送を実行する常駐プログラム」としか載っていない。

よくあるマニュアルのパターンで、本当に知りたいことは詳しく載っていないケース。そこで又、ホームページビルダーについての問い合わせ先である、IBMサポートに電話で聞きながら設定してしまおうと問い合わせをしてみた。

広 告



僕:「転送予約設定機能を使いたいので、教えてください」

サポートスタッフ:「はい。それでは弊社ホームページのヒント集をご案内しますので、ソフト右上のヘルプをクリックしてください」との呆気ない回答だった。

僕:「・・・」(おいおい、省略しすぎだろ)



まあ「自分でやれ」というのであれば出来ない事はないので、ヒント集をみて設定をしてみた。

ヘルプページに記載されていた注意点のひとつに転送予約が実行されるときにホームページビルダーを使用している場合(サイトの編集中)やサイトが開かれている場合は、うまく転送されないことがあるというのが、少し気になる。しかし、パソコンの電源が入っていれば自動的にファイルを転送してくれるので、気にしないことにした。

僕の運用方法は、普段は手動でファイル転送をする。でも、手動でファイル転送をすることを忘れてしまった時には自動でファイル転送をするような設定だ。それと転送日時指定の設定項目で「自分の転送したい時刻に設定する方法に少しつまづいた」が、ひとまず自動ファイル転送設定は終了した。


さあ、いよいよ自動ファイル転送機能を使ってみた

自動ファイル転送機能の設定も終わったので早速、転送テストをしてみた。

予定転送時刻に転送開始して、ファイルがアップロードされた。そして、ホームページビルダーはバックグラウンドでソフトが動くので常駐する。

その為、タスクトレイにメロンの形に似たアイコンが表示された。そのアイコンをクリックすると設定した画面が出てきて待機中と表示されている。

この日は、ひとまず様子をみることにした。


そして、翌日

ホームページビルダーのログを確認したら自動ファイル転送成功の記録があったので、少し嬉しかった。


さらに、翌々日

この日は、自動ファイル転送に失敗していた。

原因は、いつもの僕の癖で転送予約をした時間に、たまたま手動でファイル転送をしてしまった為に転送予約プログラムが実行中だったタイミングと重なってしまったので、自動ファイル転送が中止されてしまっていた。

ホームページビルダーの使用者からの要望だが、手動でファイル転送をした時に「只今、転送予約プログラムが転送を実行中です」というメッセージ表示がほしいものだ。今後は、転送予約設定画面で次回転送予約時間をチェックして「転送のタイミングが重複しないよう」に注意をする。

最後にホームページビルダーの自動ファイル転送機能を使ってみた感想は「うまく使えば便利な機能なのかもしれない」だ。コンテンツページをアップロードできる状態にありながらファイル転送をするのを忘れてしまっては意味がないので、ファイル転送予約をしておけば安心だからだ。

でも、必ず自分の目でちゃんとファイル転送が成功していたかの確認は忘れずにしないとダメだな。


広 告


更新日:2018年11月14日